懐かしのナイルのカレー

愛車でカミさんという家計装具を買いに行く途中に、こちら壱番屋の餌を見つけ、カミさんにナイルのカレー知っていると尋ねると、高友人と何度か行きましたと答える。

数日上夕御飯場合カレーの匂いがするので、カレーですなと思って食膳に付くって、白紙な皿にカレーのルーを側に盛り、うんナイルのカレーですと出された。

どうしたと尋ねると、先日デパートに行った歳月ナイルのカレールーがあったので買ってきましたといった、
懐かしく思いながら、口に入れると喜ばしいが、自分が食べたのは50以前に関しまして、その時の味わいは思い出せないがそういう味わいだったんだなと思った。

カミさんに、当時ルーの中に2個ほど肉の集合が入っていたのは思い起こすが、ルーは惜しくも色つやがイエローであったようだがという尋ねると、その色つやのルーもあるよって今度買ってきますと。

献立をしながらカミさんという、当時のナイルのカレー店は、来客があった場合行った居酒屋の前の通りの縁にあったよねとか、近くに歌声喫茶があったよねとか、

忘れかけてあることを思い起こしながら、軽装決して若い頃の発言はしないが、久し振りに青春に戻った心持ちで、カミさんといった懐かしのナイルのカレーで献立をしました。

自身がハイスクールだと、カミさんはまったく小学校かと思いながら、たまには若い頃の話をするのも、退化を多少なりとも遅らせる案かもしれないと思います。

http://xn--n8j6d3g9a7ayura2fw353bsy0anzzxr7c.com

Comments are Disabled